幼児の夜泣きを治

夜泣きについて

夜泣きとは乳児や幼児が夜中に突然、目を覚まして激しく泣いたり、ぐずったりすることを言います。

 

 

 

おむつを替えたり、ミルクや飲み物を飲ませても泣き止まないなど、

 

 

 

原因ははっきりしないことが多いのが特長です。

 

 

 

原因がわかっているものについては夜泣きとは言いません。

 

 

 

幼児の夜泣きはだいたい生後6ヶ月ごろから2歳前後までに見られる現象です。

 

 

 

夜泣きに悩んでいるお母さんも多いと思いますが、

 

 

 

子供の発達の過程で見られる普通の現象で時期がくればおさまってくるものなので心配しないようにしましょう。

 

 

 

よく悩んで「どこか体が悪いのか」とか「自分の育て方が悪いのか」などと

 

 

 

自分を責める人もいますが、そういった必要はありません。

 

 

 

また寝不足でイライラしたりすることもあると思いますが、

 

 

 

大きな気持ちで受け止めてあげることも大切です。

 

 

 

「女は弱し、されど母は強し」

 

 

 

様々な子育てを経験して強くなれば良いのです^^